09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.12.21 (Sun)

日本の東西の分かれ目での見学会

昨日は、私たち岡島ハウス産業の地元関ヶ原町での現場見学会でした。

随分奥まった場所での見学会にもかかわらず、
16組+α のお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました。

場所は、町内と言っても、滋賀県と岐阜県の本当に境目のちいさな地区、
今須と言う場所での開催でした。

今須は、関ヶ原町内と言うことで、当然岐阜県。

なのに今日見学会でIHクッキングヒーターの実演を協力していただいたのは、
関西電力さんでした。

なぜ?

実は、この今須と言う地区は、岐阜県にもかかわらず、関西電力によって
電気を供給してもらっているちょっと珍しい場所なのです。

そのことを前々から気になっていた地元今須出身の岡島は
ついにその理由を関西電力さんに聞いてみました。

関西電力さんいわく、理由は
分からないそうです。

ただ、仮説ではありますが、今須と関ヶ原の間には、一つ峠があり、
この峠を昔は越えられなかったのではないかと。

その話をしていると、関ヶ原に住んでいる僕たちのお母さん的存在の
福田があの峠一つで、言葉や文化がちょっと違うと昔娘さんに言われたと言っていました。

皆さんも、幾つかの小学校などが集まり体験合宿などされたことがありませんか?

関ヶ原町では、町内の小学校5年生が集まり自然の家と言う施設で
体験合宿をしています(懐かしい!)

その合宿から帰ってきた娘さんが『今須の子って言葉が少し違う!』
っと驚いて話してくれたそうです。

僕と娘さんは、学校は違いましたが、同い年でその驚かれた合宿、
当然僕もいたんです。

そう、僕たちの言葉に驚いたって事になりますね。

確かに少し違うんですけどね。

微妙に関西なまり? それとも関東なまり? 岐阜弁?
なんだかちょっと、混ざり合ってるらしいです。


この関ヶ原周辺は、東西の分かれ目の街と言うことでも有名です。

お雑煮のお餅が四角か、丸か?なんてのここの今須が境目とも言われています。

過去にもこんな記事が。

他にも、味噌、しょうゆ、面白いのが、どん兵衛の粉末スープもちょうどこの辺りが境目です。

会社から一番近いコンビニに行くと、どんでえは、関西粉末スープが売っていたりと
本当に文化などの境目の街なんでしょうね。

天下分け目とはよく言ったもんです。

昔、不破の関と言う、関所があった地なので当然かもしれませんね。

あれ、なんか、見学会の話が…。

ちょっと横道が長くなったので、詳しくはまた機会があれば…。


さすがに文字ばっかりで寂しいので、ちょっと笹原の家の写真を。

PC151027.jpg
足場も外れ、存在感たっぷりの外観が登場!

PC171031.jpg
浄化槽工事も完了しました。

PC181033.jpg
内部は、大工工事も完了し、仕上げのクロス工事に突入です。

来週は、少し笹原の家のことを紹介させていただきます。

過去の記事はこちら↓

★笹原の家、完成までの道のり★
☆地鎮祭編     ☆着工編              ☆基礎工事編
☆上棟編       ☆新築 初体験編(奥村)    ☆屋根工事編①  
☆屋根工事編②  ☆QRコード編           ☆パン工場編
☆来訪者編     ☆バスルーム編          ☆7割完成編





スポンサーサイト
EDIT  |  00:00  |  お仕事  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。